グレースメイトトップへ 東京近郊の有料老人ホームならグレースメイト

介護付有料老人ホームグレースメイト鷺ノ宮 弐番館

0120154777

文字サイズ 資料請求

スタッフ

グレースメイト鷺ノ宮 弐番館のスタッフたちを一部ご紹介いたします。
ホームで顔を見かけたらお気軽にお声をかけてください。
写真

グレースメイト鷺ノ宮 弐番館 機能訓練グループ宮井 庸介

この道を選んだ理由は

もともと体を動かすことが大好きでしたし、スポーツ学科や運動生理学にも興味を持っていました。また、将来は困っている人の役に立つ仕事がしたいと考えていましたので、自分の興味や使命感といったものが自然にリハビリの仕事につながっていったと思います。最初は民間のスポーツクラブに勤め、その後、特別養護老人ホームでリハビリ助手をしながら専門学校の夜間部に通い理学療法士を目指しました。
少し遠回りをしましたが、社会人経験や苦学の体験は今の仕事に大変役に立っています。理学療法士としては茨城県の総合病院や都内のデイサービスなどで実務経験を積んできました。専門学校時代の先生や同窓生の後押しもあり、グレースメイト鷺ノ宮 弐番館に縁を持つことができ現在に至っています。

グレースメイト鷺ノ宮 弐番館の魅力は何でしょう

 ゲスト様の穏やかな表情や人柄、優しい心遣いにあふれています。綺麗な外観内装と相まって明るい雰囲気に包まれています。朝、出勤すると「おはよう」と明るく迎えてくれますし、退勤時は「ご苦労さま」とねぎらいの声をかけてくださいます。心温まる瞬間があります。また、ホームの名に相応しくゲストの皆様が主役として生活を楽しまれ、そこにスタッフが介入させていただいているという風土があります。スタッフもベテラン、中堅、若手のバランスが良くとれ、チームワークがとても良い所も自慢です。
そして、リハビリテーションの有資格者が揃い、「リハビリ充実型ホーム」を推進している点も大きな魅力として皆様に喜ばれています。
毎日の生活の中では、集団体操、小グループ体操、個別機能訓練、言語機能や認知面のリハビリ、摂食や飲込みの評価など多種類のサービスを提供していますし、介護・看護部門と連携を深め、生活リハビリプログラムを導入しています。日記を書いたり書字訓練をしたり、自主トレーニングをサポートしたり、リハビリ以外の時間でも主にケアスタッフと共に日常生活機能の維持向上に向けて皆様取り組んでいらっしゃいます。とても活気にあふれた日常が存在しています。

うれしい瞬間はどんな時でしょう

皆様、外出を楽しみにされていますので、普段のリハビリでも外出できる体力の保持を念頭に置いています。ご家族様と旅行に行き思い出を作る、大好きなコンサートを観に行く、お彼岸にはお墓参りに行きたい、といったご希望を叶えるべく、外を歩く練習、段差や階段を超える練習、ご家族様へ介助方法などをお伝えすることも大事な仕事のひとつと考えています。元気に外出から戻られ、「行けて良かった。」、「楽しかった。」と喜ばれる姿を見ると私もとてもうれしくなります。
日常でも「またリハビリよろしくね。」とか「今日もご苦労様。」と声をかけていただけます。待っていてくれる人がいると思えるうれしい瞬間を日々味わわせていただいてます。

ページトップへ